スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『フダンシフル!』 コミックス第2巻発売!

まだまだ「てんみこ」で!!(挨拶)
 
『フダンシフル!』第2巻が発売!
今回の第2巻でも、にゅーあきばどっとこむでの記事で
コミックスのレビューをされているサイトさんや関連情報へのリンクがありました!
 
表紙は純白のロリィタ服をお召しになられたアマネ様!
 
Fudanshiful_vol02001_Cut_300.jpg
 
この第2巻では、「ドッジボール編」「大阪合宿編」「てんみこぱんつ?」の第8話から第14話までと
『フダンシズム』で未収録だった特別編の「紅蜻蛉ライブ」「てんみこ袋とじカラー」を収録しています。
 
まずは「ドッジボール編」ですが、今回コミックスで改めて読み直して感じたのは
登場時には漫画研究部に対して上から目線でナチュラルに敵意を表していた
イベント研究会のリーダーである八重さんの変化でしょうか。
 
八重さんは最初、部室を手に入れるために手段を選ばず強引すぎるやり方で漫研を潰しにかかってくるのですが
試合後、マッキーから言われる「認めようとしていなかった事実」と、数くんの言う「本当にしたいこと」を思い出して
負けを認めた八重さんは、強気な態度のままではありますが最後にはちゃんと
自分たちの自腹を切って漫研のメンバーをイベ研の活動としてもてなしてくれました。
 
今回読み直した事で、各話記事の9話10話11話の感想も書き直しまして、そちらの記事にも書いたのですが
「ドッジボール編」の最終ページ、校内の掲示板に貼られていたイベ研の部員募集ポスターを漫研が制作していたのを見て
数君たちとの「出会い」から、八重さんのオタク的なものに対する偏見や意識が変わった事が分かります。
それは、「誰か事を知ることで自分の世界が変わる」という、前作での物語のテーマでもあるかと。
 
そんでもって次は、ラジオの投稿でミッチーがGETした旅行券で行く事になっていた「大阪合宿編」。
マッキーは最初に、新しくオープンしたばかりの超大型複合スポット・大阪ステーションシティへ
みんなを案内するのですが、みんなが行きたがるのはもっとベッタベタの大阪な場所w
道頓堀に行って名物の看板を前にテンションが上がったり写真を撮ったりした後、
関西のアキバともいわれる電気街・日本橋のオタロードに到着します。
 
ここでアマネの姿で合宿に参加していた数くんは、路上でお店(メイドカフェ?)のチラシを配っている
フレンチメイドコスチュームを着た美人で素敵な年上の女装子さんと出会ってしまった事で
これからも女装してアマネになるのをやめたくないと思っている自分の気持ちに気づきます。
 
その後、本当の自分を女装して偽っているアマネは「私が男の子でも、のぞみんは仲良くなってくれたかな」と、
数としての後ろめたさを言葉にして、のぞみんに聞いてしまうのですが
のぞみんの答えは、アマネが考えていた以上にアマネのことを大切に思っているものだったのでした。
 
最後の「てんみこぱんつ?」なんですが……
とある何気ないきっかけから、のぞみんのハンカチ、タオル、さらにはパンツまでもが
てんみこプリントされている事が判明した恐るべきエピソード。
しかも一番アレな「てんみこぱんつ」を作ったのが身近な人物だった…!という二段構えのシナリオ。
それとは別に、身体に成長と性徴の兆しが表れてきた数くんが少し不安なりながらもアマネになって…
と、いったところで本編は次巻へ続きます。
 
Fudanshiful_vol02002_Cut_300.jpg
 
裏表紙は賢帝學院高等部制服バージョンのアマネ様。
第1巻の表紙と第1話の見開きカラーでもこの制服ですが
『フダンシズム』第7巻の描き下ろしエピローグのように
『フダンシフル!』本編にも、この制服を着たアマネ様の登場はあるんでしょうか?
 
Fudanshiful_vol02_Cut_trio_250.jpg
 
裏表紙の折り返しは、みこてんトリオと大久保くんが。
以前から、もりしげ先生の作品にはサブキャラで『花右京メイド隊』のお側御用大隊のメイン三人娘や
『こいこい7』の和洋中シスターズといった女の子の三人組が登場してましたねー。
そういえば『神歌ミラクル』も女の子三人組だった!しかも主役!
 
 
今回、収録された特別編でのライブも含めた「紅蜻蛉」についての考察は単独の別記事として後日に。
『おまかせ☆てんてる』についても今まででわかっている部分をまとめて記事にする予定です。
 
(10/17 記事公開)
スポンサーサイト
[ 2011/09/24 11:59 ] フダンシフル! | TB(0) | CM(0)

『フダンシフル!』第17話 大切な場所!

夏コマケ開始! 『フダンシフル!』になってからは初のコマケなのです。
 
Fudanshiful_17001_300.jpg
ヤングガンガン No.19掲載
 
上の画像では、このあと更に「(コマケのカタログが)重い!」「(一般参加の入場待ちの列が)長い!」と
マッキーの叫びが続くのですが、ミッチーも一緒なので楽しく喋ってれば待ち時間なんてあっという間な気が。
 
今回、松本部長はサークル参加の抽選に落ちてしまったので清川君の兄、吏壱さんのスペースで委託中。
吏壱さんのこれまでの制作物が、純愛切手ゲーム(PC)→切手フィギュア(切手型おまてんシール)
→切手アニメ(?)で、今度のは切手音楽。切手を切り離す時の音を曲にしているらしい…。
生活音入りのライブ盤だけど、いったい切手シートを何枚使って作ったのか…。
 
Fudanshiful_17002_500.jpg
 
『花右京メイド隊』のシモーヌ先生も今回はサークル参加!スペース前には玄永さんの姿も。
シモーヌ先生の新刊はやっぱり濃厚なガチムチ系なんだろうなー。
 
そして、『さんでーらぶす』の ひのき様がサイトの日記に書いておられたので気づけたんですが
右のコマで刹那さんの右手前にいる人が『こいこい7』の屁糞蔓の君っぽく見えるんですよ!
来場してた?っていうだけでもなんだかちょっと嬉しい!
 
サークル・ゴジャッペは、たまたん&そほらさんに売り子のアマネ&もこさんの四人体制。
近頃の同人イベントではよく見かけるようになってるらしいですね、成年向け同人誌を購入する際の年齢確認。
ゴジャッペの新刊セットを買っていった女の子に、たまたんの気持ちが通じてるといいな…。
そほらさんがたまたんと初めて出会った時の話をしてくれたりした後
のぞみん達と合流するために、アマネはコスプレ会場へと向かいます。
 
Fudanshiful_17003_150.jpgいつものように更衣室でウズメちゃんのコスプレに着替えるのですが
春の『おま☆てん』オンリーイベントでは普通に着れていたコスチュームを
着るのがキツくなっていたことで身体の成長を感じるアマネ。
 
この時、アマネは気づいていませんでしたが更衣室には清川君もいたのです。
男子更衣室にアマネがいるのを目撃してしまった清川君は
アマネが女の子ではないという事実を知ってしまいます…!
 
ウズメちゃんコスでコスプレ会場に向かう途中、六徳さんと出会うアマネ。
複雑な感情が邪魔をするせいか、アマネに対して歪な敬愛でしか接することができない六徳さんは
人目をはばからず、いつも以上にアマネに寄り添い密着しようとします。
 
そんな六徳さんに困惑するアマネが、視線の先で自分に向かって
のぞみんがかけよって来るのに気づき慌てていたその時、
大変な事が………!!!!!!!!!!
 
 
今回は驚きました…
 
次回どうなるんだろう…
 
数くんのことが心配すぎます……
 
 
 
 
次回は、10/7に発売のヤングガンガンで!

Fudanshiful_17005_400.jpg
 
(10/4 記事修正)
[ 2011/09/16 23:59 ] フダンシフル! | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。