スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『フダンシフル!』第21話 劇場版のお約束!

みんなで 『おまかせ☆てんてる劇場版』 を観に来ましたー!というのが今回のお話。
 
下の画像の左下にある「あらすじ」がいつになく はっちゃけてて面白いですw
(画像をクリックすると「あらすじ」が読めるぐらいの大きいサイズになります)
 
F21_01_650.jpg
ヤングガンガン No.23掲載
 
一緒に映画を観るちびっ子達が安心できるように、三人揃って女装 in 映画館。
三人とも男の娘状態なシチュエーションは今回が初ですねー。
上映までの待ち時間にみんなはエントランス・ホールから座席へと向かいます。
 
アマネ様が座った左隣を文字通り即座にキープする六徳さん流石です。
でも、のぞみんも恥ずかしがりながらアマネ様の右隣に座ってくれました。
 
F21_02.jpg
 
さあ、いよいよ 『おまかせ☆てんてる劇場版』 が上映開始です!
 


劇場版は、TVで放送された『おまかせ☆てんてる』第2期最終回からのアフターストーリー。
 
F21_03.jpg
 
第1期で小学3年生だったヤナミちゃんとアカルちゃんは今も小学生のようです。
しかし、街で出会った同い年のはずのミズハちゃんとククリちゃんはどう見ても小学生ではありません。
今日がヤナミちゃんの誕生日なのを知っているミズハちゃんとククリちゃんは
誕生日のパーティーをしようと言ってくれるのですが、ヤナミちゃんはなぜかちょっと困った表情に。
 
F21_04.jpg
 
パーティーでミズハちゃんとククリちゃんが用意してくれたバースデーケーキのローソクを
アカルちゃんと一緒に吹き消すヤナミちゃん。
 
F21_05.jpg
 
パーティーが終わった後、三輪山の山頂にある封印の祠(ほこら)へやって来たミズハちゃん。
そこにはすでにククリちゃんの姿がありました。
 
ミズハちゃんとククリちゃんが、ヤナミちゃんとアカルちゃんに押し付けてしまう事になったと言う
「世界の均衡を保つために生じた誤差」と「時間の歪み」。
 
その二点については本当に読解力のない管理人の考察になるんですが
もしかすると、『おまかせ☆てんてる』第2期の最終回で世界を守るために
大宇宙の意志と宇宙の果てで戦って、世界樹を崩壊させた事が原因で
ヤナミちゃんとアカルちゃんは「数年後」の「少し異なる未来」に帰ってきたのかもしれません。
 
ですが、その「世界の均衡を保つために生じた誤差」が発生した未来では
何故かミズハちゃんはククリちゃんと同じ学校に通う同級生になっていました!
お互い「元の世界」ではミズハちゃんは忍者、ククリちゃんはアイドルで
普通の女の子としての学校生活などなかった二人にとっては夢のような日々だったと思います。
 
宇宙の果てまで行って、世界とは違う時間の流れの中にいたヤナミちゃんとアカルちゃんが
帰ってくるのをずっと待ち続けている間に、ミズハちゃんとククリちゃんは二人よりも年上に…。
 
世界を守るための犠牲になり、数年後に帰ってきたヤナミちゃんとアカルちゃんを救うために
ミズハちゃんとククリちゃんは神業で世界と時間を元の姿に戻そうとします。
 
世界と時間が元に戻れば、今の「この未来」でミズハちゃんがククリちゃんと親友になれた!
そんな大切な思いも楽しかった日々も無かった事になってしまうはずです。
それでも、ミズハちゃんとククリちゃんは世界と時間を元の姿に戻すために神業を使うのでした。
 
「いつか また どこかで」 と、再会を誓って。
 
F21_06.jpg
 
神業の力が発動した時、ヤナミちゃんの部屋に突然ウズメちゃんが現れて
ヤナミちゃんをてんてる達のいる天界「日出処の国」へ連れて行きます。
 
F21_07.jpg
 
日出処の国にやって来たヤナミちゃんが見たのは、時間の歪みの影響で荒ぶっていたてんてる達。
恥ずかしいけどウズメちゃんが言う通りにヤナミちゃんがてんてるにキスをすると
てんてるは人間体の姿に変化し、ヤナミちゃんの事を思い出してくれました。
 
てんてるともう会えなくなるかもしれないヤナミちゃんは
平凡な、でも誰しもがそうありたいと思う将来の夢をてんてるに話します。
それを聞いたてんてるは 「ヤナミなら出来るよ」 と、
いつものお日様のような笑顔でそう言ってくれるのでした。
 
F21_08a.jpg
 
みことの荒ぶりも鎮めた後、人間体に変化したウズメちゃん。
 
F21_09a.jpg
 
ウズメちゃんは、日出処の国がある雲の上からヤナミちゃんを人間界の空にバーンと振り落とすと
とあるアイテムを手に持って、まわりの皆に力を貸すように言います。

ウズメちゃんが持っているアイテムは、上映前にマッキーが何に使うのか聞いていたペンライト。
実際の女児向けTVアニメであるプリキュアの劇場版でもミラクルライトという名称のペンライトを
上映前にちびっ子達にプレゼントして、劇中のシーンに参加出来るようにされているみたいです。
F21_10.jpg
他のみんなが立ち上がってるので 「え? 立つのん?!」 って感じでびっくりしているマッキーw

ウズメちゃんに力を貸しているみんなのアイテムから光が集まり
まるで空中で輝く花吹雪の中にいるようなヤナミちゃん。
 
別離と祝福の光で人間界へ落ちてくるヤナミちゃんにアカルちゃんが駆けつけます。
 
F21_11.jpg
 
てんてる達と出会ってから、女神になってモノノケを退治したり、人類が一回滅亡したり、
大宇宙の意志と戦ったりと色々ありましたが、ヤナミちゃんとアカルちゃんは友達になれました。
 
F21_12.jpg
 
ここでひとまず物語は終わり、スタッフロールが流れます。
その後、短い後日談で中学生になったヤナミちゃんのクラスに転校生がやってきましたが…
 
F21_13.jpg
 
その転校生とは大宇宙の意志こと、「イケメンの神」ブタさんでした!
神はここにいまし、全て世は事もなし!
 


たいした文章力も読解力も無く、ところどころ日本語が変な部分もあると思いますが
『おまかせ☆てんてる劇場版』が面白かったので書きだすと長い記事になってしまいました。
 
上映中の六徳さんはもうアマネ様に対する愛情表現とかいうレベルじゃない!w
このままだと六徳さんはいったいどうなっちゃうの………。
スタッフロールが始まりだすとマッキーが席を立ちかけて、せんりたんから止められていた場面では
管理人が以前に友人と『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』を観に行った際に
大勢いた観客の誰一人としてスタッフロール中に席を立たなかった事を思い出しますw
ミズハちゃんがククリちゃんと親友になっていたのを見ててなんだか嬉しかった…!
「世界の均衡を保つために生じた誤差」や「時間の歪み」はそれぞれ
『シュタインズゲート』や『トップをねらえ!』みたいにSF的な感じの面白さがありますねー。
てんてるがヤナミちゃんと彼氏彼女になるようなファンタジーな夢物語ではなく、
夢みたいな少女時代の始まりから、どんな出来事が起こっても友達を助けて平和も護り、
夢みたいな少女時代の終わりまで、頑張り続けたヤナミちゃんという女の子の物語でした。
まあ、後日談のブタさんは「これからも世界には不思議な事がいっぱいあるよ!」ってコトでいいよねw
 
そして次号、12/2に発売のヤングガンガンで『フダンシフル!』は最終回です…。
 
(12/6 記事公開)
スポンサーサイト
[ 2011/11/18 23:59 ] フダンシフル! | TB(0) | CM(0)

ブログ中間報告・その2

『フダンシフル!』と『フダンシズム』、『神歌ミラクル』や『学徒のベクトル』の
レビューを書いておられるcxu29eg(つのしゃん)様のブログ
原付で日本一周した人の感想日記2』からリンクを貼っていただけました!ヽ(゚∀゚)ノ
 
週刊少年チャンピオンの毎号レビューと、秋田書店コミックスのレビューをメインにされていて、
美味しそうな写真付きでいろんなラーメン屋さんを巡られている記事もいっぱいあります!
 
まさか、リンクしていただいているとは思っていなかったので
こちらからのリンクとご紹介が遅くなってしまって申し訳ありませんでした。
 
[ 2011/11/17 00:00 ] 当ブログに関しての説明 | TB(0) | CM(0)

『フダンシフル!』第20話 萌えはセカイを救う!

てんみこでぇええええええええええええ!!(挨拶)

今回は、開始早々から清川くんが『ミンティ♡みんと』のコスプレで松本部長に向かって
ヤンデレXXXXダブルピースというロケットスタートっぷり。
 
ff_20_001_Suihei_Cut_350.jpg
ヤングガンガン No.22掲載
 
この後すぐ、漫研の部室に数くんとのぞみんが入って来たので
松本部長は数くんに清川くんと絡んだポーズでの作画モデルになってくれるよう頼みます。
話の流れに断る理由もみつけられず、数くんは頼まれるがままモデルをする事に。
その結果、仕方なく清川くんと同じように女装する事になった数くん………
 
さらに、そんな状況の部室に遅れて入ってきた六徳さんとミッチーは二人とも
女装した数くんを「誰か」と勘違いしてしまっていました。
そしてとうとう、みんなの見ている前で…!
 
可愛い女の子だと思った? 残念! 数くんでした!
 
ff_20_002_Suihei_Cut_350.jpg
 
数くん解禁後の刹那さんとの会話。

数くんの場合は、前作『フダンシズム』で「好きな人の好きなものを知りたい」というトコロからスタートし、
最初の頃こそBLとか何も分からずに、ただ知るための手段として「てんみこ」な同人誌を買ったりしていましたが
終盤になってくると「ハメアイ」という別ジャンルなBLの同人誌を読んでドキドキしながら
自分の興味で買うようになっています。まだ、腐トークが出来るほどのレベルではありませんがw
 
実際、腐女子的思考(思好かも?)を男子が同じように感じるのは難しい…と思うのです。
百合男子の気持ちを本当に女子に分かっていただけるのかと同じようにw
 
ff_20_003_Suihei_Cut_350.jpg
 
漫研のみんなと少し離れた場所では、八重さんとイベント研究会のメンバーたちが再登場。
どうやら八重さんは生徒会長になって賢帝祭(※賢帝學院文化祭)をやると決めたようですが
安芸ちゃんや文花ちゃんの言ってる事からすると、賢帝學院の中等部でやっていた賢帝祭が高等部では無い?
ひょっとしてこれは…もしかして学校側からまだ部として認めてもらっていないイベ研のメンバーが
八重さんを生徒会長にそのまま丸ごと生徒会役員になってしまうのでは…!
 
SET_AB_FF20_Cut_600.jpg
 
賢帝學院中等部の漫研の部長さんと一緒に、新キャラの無量さんが登場!!!!
無量さんは松本部長と清川くんを話でしか知らなくって見た事がないような感じなんですが
数くんたちが卒業した後の新一年生? それとも転校生? 現部長さんとは同級生なのかな。
 
 
次回は、11/18に発売のヤングガンガンで!
 
(11/17 記事公開)
[ 2011/11/04 23:59 ] フダンシフル! | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。