スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『神歌ミラクル』第5話 わな

「おざーす」(挨拶) 「ちょりーす!!」(返事)
 
ちとせのちょっとしたアクシデントをきっかけに、空閑さんと陸原さんも
遊園地で着ぐるみのアルバイトをする事になりましたが
着ぐるみを着ていてもアイドル目指して頑張っている三人の姿を見たクラスメイトの二人は
初めてのファンになって応援してくれるのでした!
 
という感じだった前回。 しかし、今回はアクシデント程度では終わらない波乱の急展開に。
 
Kamison_05_001.jpg
ミラクルジャンプ No.06掲載
 
第5話の扉絵は、かつてアイドル研究生だった頃の陸原さんから
「マリッペ」と呼ばれて一緒にユニットを組んでいた元メンバーで
現在は大人気アイドルグループ『サラダバーネットガールズ』
通称サラガのセンターポジションを務める「ユナマリ」。
 
陸原さんとのアイドルデビュー直前に失踪し、今やトップアイドルになっている彼女でしたが…
 
Kamison_05_002.jpg
 
パーカーのフードを被り、サングラスをかけ、携帯プレーヤーを聴きながら
周囲を寄せ付けない雰囲気でテレビ局のビルにやって来て
無愛想にスタッフへ挨拶するユナマリから始まる本編。
 
進んだ先で、さえぎるように居合わせた所属事務所の社長と通信社の代表取締役は
サングラスの奥に隠されている、凍てつくような暗い敵意をもった眼が
自分たちに向けられている事に気づいていません。
 
Kamison_05_003.jpg
 
控室でイラついて荒れるユナマリを、側で冷静に見ていたのはマネージャーの「サリィ」。
 
そのサリィから、今日の出来事をネットでファンに伝える時間だと告げられ
作品中でのTwitter的な「まめなう」に、激しく憎悪している
通信社の代表取締役と出会ったことを、ユナマリは実際の感情を隠して
いつもファンの前で見せている「サラガのユナマリ」のイメージで
何も知らないバカっぽい娘のようなメッセージにしてネットへ公開しました。

そして後日、その通信社の代表取締役が爆弾で襲撃されるという事件が起こります。
 
Kamison_05_004.jpg
 
場面は変わって、ちとせの家の朝の食卓。
 
ちとせと空閑さんが二人で仲良く食べながら見ていたテレビには
ニュースバラエティで可愛く映っている「サラガ」のユナマリが。
 
ユナマリに「まめなう」で悪く言われた相手には必ず
恐ろしい不幸が降りかかっているので、彼女が『デスアイドル』と
呼ばれている事や、その不幸の「真相」を空閑さんから聞かされて
そんなネットで騒いでいる噂の真相なんて本当かどうかもわからない、と言うちとせへ
(ひとり)ぼっちのお前とは違って、リアルでも会っている
友達からの確かな話だと言い返す空閑さん。
 
Kamison_05_005.jpg
 
僕は、ぼっちじゃないよ! と、反論するちとせですが、空閑さんの言葉通り
陸原さんに友達だと思ってもらっている自信なんてまだないので
思わずしょんぼりするちとせを見て「悪魔」の空閑さんは嬉しそうです。
 
Kamison_05_007.jpg
 
三人が今日もバイトをしている遊園地に、空閑さんを訪ねて来てくれた友達は
なんとユナマリのマネージャーであるサリィでした。
 
実は、サリィも空閑さんと同じ「悪魔」だったのです!
 
Kamison_05_008.jpg
 
その時、突然ちとせ達の前に死神のような黒いコートを着た人影が現れて
隠し持っていた大量の手榴弾を撒き散らし、辺り一面が完全に爆破される遊園地。
 
凄まじい爆風で着ていた黒いコートはボロボロになっているにもかかわらず
なぜか傷一つない姿で気分よさげに立っていたユナマリを見て
どうしてこんな酷いことをするのかと、泣きながら怒って迫るちとせでしたが
逆にユナマリからお腹にパンチをうけて気絶してしまいました。
 
Kamison_05_011.jpg
 
ちとせを助け起こしているのが、昔のユニットで同じメンバーだった陸原さんだと気がつき
そいつは誰だと問うユナマリに、ちとせちゃんは私の大切な仲間だと答える陸原さん。
 
ユナマリのことを陸原さんは昔と同じように「マリッペ」と呼んで
こんな事をするのは止めるように頼むのですが
私のやっている事で誰に何があったとしても、お前には関係がないだろうと
冷たい表情であしらわれてしまいます。
 
でも、たとえ知らない誰かのことだとしても大切に思いたいと陸原さんは訴えるのです。
 
Kamison_05_012.jpg
 
こんな間違った世界を変えてみせると言い残して
ユナマリはサリィと、いまだ黒煙がたちこめる遊園地から姿を消します。
 
しばらくして、やっと意識を取り戻し目を覚ましたちとせが
陸原さんの見せてくれたスマートフォンの画面に表示されるニュースで知ったのは
立場を悪用して「サラガ」のアイドル研究生をもてあそんでいた人物達が
この爆発事件によって明らかになり、そして彼らだけが死亡していた事でした。
 
これまでの爆発事件を起こしていたのもユナマリだという事は、ちとせ達以外には誰も知りません。
 
Kamison_05_013.jpg
 
汚い大人たちに大切な夢を潰されてしまう事が許せなくて、逆に彼らを潰すことを選んでしまったユナマリ。
どんなに苦しい事や悲しい事があっても夢を捨てられず、大好きな歌を歌うことしか選べなかった陸原さん。
同じ場所にいた二人の道が別れてしまったのは、仕方がなかった事だったのかもしれません。
 
それは、遊園地から姿を消してしまう間際、そっと手を触れた陸原さんに向かって思わず
「掲げた夢や理想を捨てるな」と言葉をかけていたユナマリにも理解っているはずなのです。
 
Kamison_05_014.jpg
 
アイドル研究生だった頃、何もかも信じられなくなっていた時に出会った悪魔・サリィから
世界中の悪意の依り代になるという、想像も出来ないほどの精神的苦痛を伴う契約をすれば
代償として悪魔の力で願いを叶えられると聞かされて、ユナマリは躊躇もなく
逆に悪魔であるサリィがたじろぐほど自ら望んでその契約を決意しました。
 
今回のラストは、サラダバーネットガールズが出番まで待機していた楽屋。
 
遊園地での爆発事件で、自分達を阻害していた人物がいなくなった事を喜ぶ
同じサラガのメンバー達に呼ばれて振り返ったユナマリは少し嬉しそうですが
その笑顔はどこか悲しげで痛々しい気がするのでした………。
 
『デスアイドル』のユナマリと、もうひとりの悪魔サリィの登場で第5話終了!
 
 
 
今回の記事を書くのは、文才のない管理人には本当に難しかったです…。
もうちょっと短くまとめたかったんですが、思っていた以上に長文になってしまいました。
なんというか、ちょっとした文章のニュアンスの違いや書きそびれでもあれば
きっと、マリッペでもあるユナマリの事をちゃんと書けていないような気がずっとしていたからです。
いちおう書き終えた今でもまだ、もっと的確な表現があったのでは…と思っております。
 
 
全てに絶望していた頃の過去のユナマリと、世界中の悪意の依り代となった今のユナマリとは
悪魔の力を手に入れたこと以外には変わったところや違いがあるように見えないせいで
過去にユナマリがどれほど酷い悪意を被ってきたのかを考えると悲しくなります。
 
陸原さんにユナマリが声を荒げて、ちとせちゃんの事を誰かと問うのは
デビュー直前だったユニットから自分もいなくなった後、一人だけ残された陸原さんが
今どうなっているのかを、どうしても確かめずにはいられなかったからなのかも…。
 
えーっと、空閑さんに笑われたり、サリィに蔑まれたりするのは、悪魔らしいバッドコミュニケーションですよ?
 
陸原さんに対してのユナマリ、おそらく空閑さんと同じ魔力を持つサリィという
拮抗するパワーバランスを崩すイレギュラーが主人公のちとせちゃんになるのかなー?
 
どうなる? どうする? アイドルユニットそふとめん(仮)!!
 
Kamison_05_015.jpg
 
次回は、2012年 2月上旬発売予定のミラクルジャンプで!
 
(5/8 記事公開 ・ 6/11 記事修正)
スポンサーサイト
[ 2011/12/13 23:59 ] 神歌ミラクル | TB(0) | CM(2)

ブログ中間報告・その3

『フダンシフル!』第22話の記事に、なんとコメントをいただいておりました!ヽ(゚∀゚)ノ
気づくのがずいぶん遅くなってしまって本当に申し訳ありません…。
 
大好きな『フダンシズム』に引き続いての続編『フダンシフル!』の新連載を機に始めたブログですので、
その更新の原動力である作品が終わってしまい、しばらくは途方に暮れて凹みまくりでした。
 
記事をいったい何から書いて、何を書いていけばいいのか分からず、書いては消しを繰り返し
ようやく形が出来上がってくると、今度は今度で書き終わりたくないようなモヤモヤした気持ちになって
『フダンシズム』の第1巻からちょっとずつ読み返し、何回も何回も記事を修正しているうちに
最終回が掲載されたヤングガンガンの発売日から二ヶ月もたって、やっとあの程度の記事を公開できた有様です。
 
そんな遅すぎる感想記事にコメントをいただき、管理人として心から感謝を。
今頃になってしまいましたが本当に本当にありがとうございます…!
 
(2012年 4/20 記)
[ 2011/12/12 00:00 ] 当ブログに関しての説明 | TB(0) | CM(0)

『フダンシフル!』第22話 続く!!

ヤングガンガン No.24掲載
 
 
 
最終回は冬コマケのお話です。実際の冬コミも東京ビッグサイトで今月の29日(木)~31日(土)に開催されます。
 
今回の冬コマケでは、数くん・松本部長・清川くんの三人はコマケ会場の前日設営にも参加して
会場ホールに机を運んでくれていました。初めてのコマケ会場設営で三人とも楽しそうです。
 
まだ漠然としている自分の将来を、設営途中の会場と重ね合わせて見ていた松本部長は
アマネさんを好きだったことが思わぬかたちで終わってしまった気持ちの整理もついたようでした。
 
 
 
コマケ開催日、国際展示場駅から会場へ向かう六徳さんとのぞみん。
 
アマネ様のことも数くんのことも、ずっとずっと見つめていた六徳さんだったからこそ
アマネ様も数くんも、のぞみんのことを好きなのがどうしようもなく六徳さんにはわかってしまいます。
 
白いロリィタな服で女装した数くんがアマネになって参加している同人誌即売会を楽しいと思い始めた時から
光と対になる影のように現れて、理想と羨望で「アマネ様」をずっと敬愛している黒いゴシックロリィタ少女の六徳さんは
最後までアマネ様と会うたびに極端な行為での愛情表現になりがちでしたが、その「もどかしさ」こそが六徳さんという
キャラクターでもあり、「アマネ様」への純粋な恋愛感情を認められない複雑な自意識が邪魔をするせいで
数くんへの憧れも片思いのまま終わる結末はどうしても避けられなかったのかもしれません。
 
でも、そんな結末など意にも介さず、永遠にアマネ様も数くんも愛し続ける六徳さんという女の子は
きっと「来世」でもアマネ様とは運命のようなもので繋がっていて、めぐりあえる気がするのです。
 
 
 
一般参加者の入場待ちの列で一緒に並ぶミッチーとボーイッシュなショートヘアになったマッキー。
 
前作の『フダンシズム』で初登場した頃からは想像もつかないぐらいポジティブでユニークになったミッチーこと東峰さんと
そのミッチーの空気を読まない積極的なアプローチで、大阪から転入してきたけれどすぐに友達になれたマッキーこと十河さん。
 
意味もわからずにHな事を聞いてくるミッチーにあわてたり、漫研のみんなのために頑張ってたミッチーを撫で撫でしたりと
出会ってまだ一年も経っていませんが、マッキーはホントにもうミッチーの親友なのです。
 
可愛いボケと優しいツッコミな二人の掛け合いが『フダンシフル!』として新しく始まってから毎回楽しみでした。
 
ひょっとして『おまかせ☆てんてる劇場版』のククリちゃんとミズハちゃんもこんな感じで友達になっていたのかも。
 
 
 
冬コマケがついに開幕。会場内のとある場所では、みこてんトリオや刹那さん達の姿が。
 
なんと今回は、物凄い「みさくら語」な台詞の女性向けドラマCDを自主制作してコマケにやってきた刹那さん。
 
どんどんエスカレートしちゃっていく刹那さんの萌えが、いったいどこへ向かって行くのか心配になりますが
みこてんトリオのあずみんとたかいでっちも、そのドラマCDをニヤニヤしながら喜んで試聴しておりました。
 
なかじーは、やっぱり放っておけないタイプだったらしい大久保くんと今では恋人同士になっています。
 
 
 
ちょっと遅れてミッチーとマッキー、のぞみんと六徳さんも会場入りしてみんなと合流。
 
のぞみんは物語のラスト直前まで、「大事なことに気づかない」女の子だったのです。
 
最初の頃、実はアマネさんが「おまかせ☆てんてる」どころか、同人誌が何かもわかっていない事に気づかなかったり
「私なんて相手にもされないだろうな」という思い込みから、数くんを無意識にスルーしている事にも気づかなかったりで
そうして気づかないまま、もっとアマネさんと仲良くなって、もっともっと一緒にいたいと思っていたのぞみんが
「本当のアマネさん」である数くんにやっと気づくことができた時、『フダンシズム』という物語も終わりました。
 
新たに始まった『フダンシフル!』で、のぞみんはアマネさんが女装していた数くんだと知ってしまった後も
これまでと変わらず大切な友達のつもりでいましたが、その気持ちはいつの間にか恋になっていたのに気がついて
ついに数くんに告白し、初めて出会った時からずっとのぞみんのことが好きだった数くんの心に秘めていた想いを知ります。
逆に言うと、のぞみんは「最後にはちゃんと大事なことに気がつく」のです。
 
今回のラスト直前も、この冬コマケの会場に大好きなアマネさんが来ていることを、のぞみんはちゃんと気づいていたのでした。
 
 
 
別の場所で『おまかせ☆てんてる』系サークルをひとつずつ見て回っていたのは松本部長と清川くん。
 
物語で唯一腐女子のことが苦手なキャラクターだったので、色々と間が悪かったり苦労が絶えなかった松本部長は
『フダンシフル!』でも、中等部の漫研時代から女子部員に「マツキヨ」でカップリングされていた清川くんとは迷コンビ。
 
なにげに全登場人物達のほとんどと何がしかのエピソードがあるのは数くんと松本部長だけだったりします。
 
清川くんの方は女装してコスプレしちゃうのも全然OKな男の子で、松本部長の大好きなアニメ『ミンティ♡みんと』の
ヒロインになりきって悪戯してみせたりと、この物語の主人公である数くんとはタイプの違う、もう一人の腐男子でした。
 
松本部長がもしかして刹那さんなのかと勘違いしていた清川くんの好きな女の子はもしかしたら、たまたんかな?
 
 
 
賢帝學院中等部の漫研の部長さんも、お友達の無量さんと今回のコマケに来ていました。
 
お目当てのサークルさんの場所がどこだったのか、コマケのカタログで会場の地図を見てもわからなくなって困った二人は
誰かに尋ねてみようと、偶然近くを通りかかった人に声をかけて場所を教えてもらおうと話しかけます。
 
しかし、その人に部長さんが話しかけた途端、なぜか急に会話を止めようとする無量さん。
 
それはどうみても綺麗な女の子にしか見えないその人が、実は男の子だと無量さんは気づいたからでした。
 
相手の人が男だとわかった無量さんは、思わず感情的になって言ってしまいます。
 
「男の人になんて聞いたってどうせ何もわからない!」
 
きっと腐女子だからと変な目で見て、私の好きなものをからかって笑ったり馬鹿にするだけに決まっていると言い出して
少し涙目になっている無量さんの男の人に対する拒絶反応に困ってしまう部長さん。
 
そんな時、金髪のロングストレートに白いロリィタな服を着た、まるでお姫様のようなその男の子は
アニメ『おまかせ☆てんてる』のカップリングである『てんみこ』のことを、二人が驚くぐらい真剣に語りだしました。
 
無量さんと同じ『てんみこ』が大好きな、その男の子「アマネ」さんは腐男子だったのです!
 
…と、いうわけで部長さんと無量さんはアマネさんに案内してもらって、お目当てのサークル
『ゴジャッペ』のスペースに到着。『てんみこ』の同人誌を無事GETできたのでした!
 
Next_Generation.jpg
 
『フダンシフル!』は今回で最終回なのですが、アマネさん達の物語はこれからもまだまだ続きます。
 
だって、サブタイトルでそう言ってるから…間違いないと思うよ?
 
 
『フダンシフル!』第3巻は、2012年 1/25(水)発売です! てんみこで!
 
(2012年 1/31 記事公開)
[ 2011/12/02 23:59 ] フダンシフル! | TB(0) | CM(1)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。