スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『学徒のベクトル』 コミックス発売!

アウフヘーベンしようぜ!(挨拶)
 
ヤングチャンピオン烈コミックス『学徒のベクトル』が発売されました!
短期集中連載で完結した全12話がこの一冊にまとまっているせいか
テーマとネタも含めて、内容の密度もかなり濃かったかと。
 
学徒のベクトル 表紙


管理人の使っているスキャナで取り込んだこの画像だとわかりづらいですが
コミックスのカバーは全面ホログラムPP仕様でキラキラ光ってとても綺麗な装丁になってます。
 
下は新連載の第1話扉絵のカラー。コミックス版とバックのデザインが違っています。
初回は1話・2話同時掲載でしたー。
 
連載時の第1話カラーページ
 
物語は、私立流薔学園の生徒でケータイ小説大好きな水津在人(みなづあると)が
同じクラスの委員長である玄永遼から薦められたフィロソフィア研究部に入部してしまい
3人しかいない部員であり先輩の三島楓・二見知恵・十丸高帆と哲学したり、できなかったり
相談にやって来る生徒達の抱えている問題をなんだかんだで解決したりします。
 
もりしげ先生の作品によくある、重要なトコロであえてレトリック(わかりやすい言い回し)を使わない
独特なセリフの印象と、キャラクター同士の気持ちのズレによって生じるコミカルな感じが目立つのも
本作の面白さだと思います。
 
メインキャラクターの立ち位置は、なんとなく『若草物語』に近いのかなという気も。
それぞれ、在人君がジョー、三島部長がベス、高帆先輩がメグ、二見先輩がエイミーみたいな感じ?
 
まあ、ゲームで例えると玄永さんがスタート直後から・中盤・最終ステージと
まるでどこぞのボスキャラのように登場してくるので
在人君もそんな玄永さんに対抗するべくパワーアップ形態へとチェンジします。
これがそのパワーアップモードの在人君!
 
学徒のベクトル 裏表紙
 
可愛い!絶対に可愛い!これなら玄永さんに勝てるかもしれない…!
 
男の娘vsガチ百合の(あらためて文字にするとヒドイ)勝負の結末は実際に読んで確認していただくとして
最後にはフダンシズムに登場した股間パッドに匹敵する新アイテムも!
そして、最終ステージの後、EXステージでは旧作の「あのキャラクター」が!!
 
出来る事なら続きが読みたい。ふぃろふぃろふぃろふぃろー(鳴き声っぽく)。

(6/17 記事公開)
[ 2011/05/20 23:59 ] 学徒のベクトル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://terekoya.blog65.fc2.com/tb.php/34-eace461f







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。